アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
スタジオおじさんの独り言
ブログ紹介

寒い寒い!
スタジオの穴倉から首だけ出して  ブツブ゜ツ・・・!
zoom RSS

久々の里帰り?!

2008/02/27 18:36
早いもので去年8月に 下記ブログに引っ越しまして・・・7ケ月。
http://studioojisan2.seesaa.net/
それなりにがんばっています。
本日は、なぜかここが恋しくてかえって来ました。

春一番が、穏やかな花の季節を運んでくれそうです。
心温まるあるが待ち遠しいですね!
またには、引越し先にも遊びにいらしてくださいね!

今年は花粉も例年になく飛び出す様子。
くれぐれもご用心を!


記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3


久々の里帰り?!

2008/02/27 18:34
早いもので去年8月に 下記ブログに引っ越しまして・・・7ケ月。
http://studioojisan2.seesaa.net/
それなりにがんばっています。
本日は、なぜかここが恋しくてかえって来ました。

春一番が、穏やかな花の季節を運んでくれそうです。
心温まるあるが待ち遠しいですね!
またには、引越し先にもあぞびにいらしてください!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いよいよ年の瀬

2007/11/27 15:56
短い秋があっという間に過ぎて、冬便り。
積雪情報とXmasキャロルのみが耳に入る昨今です。
今年も残すこと30日あまりですね。

いったいどんな年であったか考える暇さえない一年であります。

ここのブログもたまになってしまいました。
スタジオおじさんの独り言U」は、ここより頻繁に書いているつもりです。
たまには訪れてみたください。
相変わらず戯言ばかりですけど 〔笑い)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


おいしく頂きました

2007/11/14 23:57
久しぶりに築地の寿司いただきました
満腹です。
ネタはやっぱり築地。疲れた後の寿司はやっぱり一番。
何より、
板さんの心意気と、手さばきが一番ですよ
いろんな事、ストレスみんな握って腹に収めてしまうって、
やっぱりすし屋しかないね。
今日もありがとう!
ごちそうさまでした。感激です
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7


 お引越しで、すっかり定着!

2007/10/30 20:37
 引っ越したのが 2007-08-10 02:32。
はやいものだねぇ 
「スタジオおじさんの独り言U」も、もうすぐ三ヶ月。
写真やらムービーやらを載せようと思ったのだけれど、
目的があまり達成されたとはいえないなぁ・・・。
「・・・・・」
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9


マルチ人間?

2007/09/07 18:47
人は様々。
面白いね。
のんびり屋、神経質屋(こんな語ないかぁ)目立ちたがり屋。
何でもやっやちう人。
何でも他人頼りな人。
面倒見のいい人。
世の中に甘えてばかりいる人。
いろんな人種がいるもんだねぇ。


凄いのは、二つも三つも同時にできる人。
案外なのは、昔のMACみたいにひとつの事しか出来ない人。

さて、
あなたはどんな人を評価する?

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9


久しぶり!

2007/08/21 23:28
旅して・・・・・・まして 別世界へ。



別世界・・・・けっこう快適なんです
ビデオ載せたり、いろいろ出来て!
まもなく脱皮!
まもなく新居へ!!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15


 夕刊情報からの独り言 ”ヤスダヨーグルトってどんな味?”

2007/08/09 16:30
一億円程度の宣伝効果が逢っただろうね。 マスコミが只でやってくれるとは!
横綱の好物の公開した夕刊紙の記事。
ラジオテレビの一斉報道は意外なところで大貢献!




納豆事件みたいに発展しなきゃいいが、と、心配しながらも、
いい意味で、マスコミの告知効果は凄い!
マスコミに取り上げられると、砂糖に群がる蟻のように
ユーザーはショップに殺到する。
衝動に走る前に冷静になることの大切さを何度も体験しているのにだ。

つい最近で
思い出されるのは、納豆事件。
古くはトイレットペーパー。(あまりに古すぎるかぁ)

『午後はまるまる何とか・・・』で取り上げると商品が忽然と店頭から消えた!
なんて話もある。
嘘だと解ると、途端に不買運動までやらかしてしまう。


人間とは、粗忽者であったと一時は反省するも、
また、同じ行動に出てしまうものらしい。

かく言う拙者も、ヤスダヨーグルト購入に殺到したユーザーに
眉を顰めつつ、本音は
ヤスダヨーグルトってどんな味なのだろう?飲んでみたい食してみたい」・・・と正直思っている。
なぜなら、幼少のみぎり
絞りたての乳で作ったという美味なるヨーグルトを、食した経験がある。
モンゴル出身の大横綱も、
幼少の頃食した羊のヨーグルト味をヤスダヨーグルトで思い出しているに違いないからだ。

一連の騒動の沈着を待って、必ずや無関心を装って購入に走る事、請け合いである。
実にいやな性格と 我ながら呆れてしまう。

北海道産 『牛乳ジャム』の時もそうであった。
友人婦人が大変なファンで、わざわざ遠くから有楽町の北海道ショップ
買いに出かけるのを見て 度々「への字眉」にしたものだった。

が、
いつしか、その北海道産 『牛乳ジャム』は我が家の常備食品となっている。



納豆はどうしたか?
ハハハッ!納豆ネエ。
納豆は、その効果は別として、今でも美味しく頂くようにしている。
番組の亡霊に取り付かれた訳ではない。
少なくとも、小生の血圧を下げているように思えてならないからだ。



そうそう、二・三日前に飲みかけの成分無調整牛乳をコップのまま
放置していたら、夜には 半分固まっていた。
「これって、ヨーグルト?]

恐る恐る飲んでみた! ヨーグルトの味である。
しかも、腹をこわした様子もなくピンピンしている?????
新商品開発って案外こんなところから生まれるのかもね。

作り方を知っている方はぜひ教えてほしい!!
ヨーグルト&牛乳ジャム!

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10


銀座の蝉

2007/08/09 10:01
せみの音を聴いた。 今年初めての油蝉。



ポプラの木の下 
額の汗をぬぐいながら天を仰ぐ人がいた。
頭上に、ミンミンと鳴き続ける蝉の姿があった。

高いビルの曇りガラスに必死にしがみついた蝉がいた。
今年はじめて見る油蝉だ。
やがで、ジージーとけたたましい夏の音色を 披露している。


この蝉はいったい何処からやってきたのだろう。
いったい、こんな高層ビルの谷間に
彼らが棲める土地があるのだろうか。
次代の命が宿る空間があるのだろうか。

曇りガラスの油蝉は 
束の間の命を 束の間のメッセージを悲しげに告げている。







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


号外!  梅雨明け

2007/08/01 11:19
本日梅雨明けだそうです!



 某筋から緊急メールが入った。
何かと思えば、梅雨明けの号外!  
10日遅れなのだとか。
夏のレジャー計画でも立てて、涼をとることにしましょうか。

できれば、世界遺産登録中の「平泉」などを
めぐってみたい!

電柱を埋設化した古の都を 再び散策してみたいものだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


久々・・・露あけを告げる花

2007/07/24 19:31
画像


何が原因なのか
近頃、突然PCがご機嫌ななめになる。
先週末に突然、起動不全の重症となったのだ。

夜っぴて調べてみたが原因不明・・・治癒不可の危機状態であった。

もしやHDDでは?
が、2月ばかり前に移植したばかりの新品だから、
よもや、と思いつつ・・・、
「エイ!面倒じゃ、切り取ってしまえ!・・・」とばかりに不明のまま
臓器・・・いやいやHDDを別物に交換した。
あらら?どうしたことだろう!
結果は!?? ? ? ? 全快である。
重患が見事に蘇生した。

医者もひょっとして、原因不明の時には、試しに臓器を取ったり、移植するのでは?
と、妙な、よからぬ思考が頭の隅を駆け抜けたりしたが
とにかく、治癒完了。 
<人間でなくPCでよかったぁ・・・。>

今後は、このミョウチクリンな症状が出ないことを祈りつつ、
通り道で梅雨明けを宣言するように大きな花弁を開いていた夏を告げる花、
名の知らぬ花を、公開することとした。

妙に、すっきり! !
今の小生の気分によく似た花だからだ! !
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


下仁田の創作コンニャクが届いた!

2007/07/11 16:02
コスモスおじさんからの贈り物
群馬名産の珍味・・・・といえば 明日たべても「こんにやくう」だ。



下仁田にはいろいろ工夫する人がいるらしい。
コンニャクといえば田楽や、玉コンが定番であったが、
コスモスおじさんから送られた品々には「コンニャクそうめん」「コンニャク巻き」など
さまざま。
画像

画像

これまでの概念を変えた品が目に付いた。
コンニヤクの燻製なんてものもあるのには驚きである。
早速、初の「コンニャク巻き」を食してみた。
見た目は、「巻き」というより筒状のコンニャクの中に何かを詰めた印象だ。
写真の「こんくらげ」を口にした。
群馬人は、相当塩辛いものが好きらしい。
山くらげに下味がついているのだが、これが塩辛い!
私には、この塩分は強すぎる。何しろ塩辛い! 
ひょっとすると水にしばらくつけて塩出しして後、食するものかもしれない。

この塩辛さを除けば、この「山くらげ」 初めての食感でなかなかの味だ。
「山くらげ」とはどんなものなのかその原型は想像もできないが、山菜の一種なのであろうか、こりこりした食感が癖になりそうな珍味である。
斜めに包丁を入れると、見てくれもなかなかいい。

下仁田「まるへい」の商品らしい。

見た目も涼しい「コンニャク素麺」「コンニャク餅」とあわせて
一度試食をお薦めしたい珍味である。

贈り主、コスモスおじさんにこの場を借りて・・・・感謝!合掌。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


キャピタルホテルが1ケ月休業

2007/07/06 13:02
キャピタル新館が全面休業のようだ。耐震補強工事らしい!



久しぶりに訪れたら、「耐震補強工事のため休業の」張り紙があった。
何も知らずにチョコチョコ打ち合わせや、食事で出入りしていたが
耐震基準に達していなかった建物だったんだろうか?。
でも、
補強工事をするのはいささか遅いけれども、良心的行為だと
ファンとして、ひそかに拍手をしたい心地だ。
なぜなら、もう長い事、レストランを
疲れた時、うれしい時の、「心の止まり木」とさせて貰っているからである。

さて、
知人たちは、特別な人の「特別な宴」をこの秋、ここで企画しているようだ。
この度の改装工事はその為の工事だと思えば、しばらくの不便も我慢できよう。

完成が楽しみである。
そして、「特別な宴」の成功を祈っている。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デ・シモーネの陶器に出会えるレストラン! 

2007/07/02 20:28
ネットで見つけた デシモーネファンだというの仙台のレストラン「びすとろジョバン」




このレストランのブログで、こんな風の記事を見つけた。

前後略。
<この陶器は仙台では扱っているお店がなく、
東京に買い付けに行ってます。

東京のプティ・セレブな街、中目黒に流れる
目黒川の川沿いにジラソーレという
シチリア陶器のお店があり、そこにデシモーネの
陶器がわんさかあります>
・・・・・・と デ・シモーネの陶器のことが詳しく書いてあった。
店のアクセス、店内の写真から・・・。
ショップ「ジラソーレ」の情報迄詳しく・・・・凄い!

やっぱり仙台と縁の深いショップだったんんだぁ。

初めて「ジラソーレ}でつり銭貰った時
店主の言葉に「東北のやさしい匂いを感じた!]
あれって、当たらずとも遠からず・・・・だったかもね。
なんだか、更に親近感が沸いてきたぁ・・・(笑い)

びすとろジョバン」のマスターの言うとおり、暖かくてなかかかいい店
だった・・・・。
近々 また、プチ・セレブな街へ買い物に出かけてみよう!


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


今日の料理 トマト料理

2007/07/01 12:39
土曜の午後 冷やしトマトのイタリアパスタを作って食した。



全く我流のイタリア料理。
皿の色合いに合うもの・・と考えてこんな料理に!

画像


レシピ
冷えたトマト一個をザク切り。
庭先から摘んできたバジルを細かく切って、
容器に移し、
オリーブオイル、ビネガー、黒胡椒にまぶして
冷蔵庫で冷やしておく。

フェットチーネは、
水をたっぷり入れた大き目の鍋に塩 大匙二杯。

多目の塩でゆでるのがコツだ。
なぜなら、これ以降は塩を使わない。

十分程ゆでて、
冷水で軽く洗い冷やしておいたソースと混ぜる。
最後に輪切りのトマトと、再び生バジルをちぎって乗せ
黒胡椒をひとふりして・・・・出来上がり!

味はバジルとビネガーが効いた涼しい味!





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


食のコンプライアンス

2007/06/27 19:07
中国の輸入食品、加ト吉、ミートホープの加工食品と、危険な食品が多すぎる。
監督官庁は機能不全状態なのか?




食品企業陣はどっかおかしいぞぉ。
野菜、魚! 肉!?・・・・食がいま最も危ない!

不二家、雪印・・・等々、
表示違反や、不正な経費節減、利益優先の企業姿勢が
結果として、信用失墜という大きな負を生み、
経費の無駄使いとなった先例は山ほどある。
にも拘らず、次から次と出るわ出るわ悪徳業者。
ミートホープにいたっては論外だ。
日本の食のコンプライアンスはどうなっているのだろう?

気がつけば、私たちの日常の食材の ほとんどが外国産だって言うから驚きだ!

野菜、・・・大丈夫?
中国産野菜怖いですね。怖いですね!
これからが季節の「うなぎ」・・・大丈夫? これもほとんど中国産なんだって!
なんと日本産とばかり思っていた「うどん」の原材料の小麦もほとんど外国産。
日本蕎麦のそば粉だって外国産 なんだそうな。怖いですね。怖いですね!
お味噌汁と共に毎日口にするお豆腐の材料の大豆も外国産。
口に入るほとんどが、みな外国のお世話になっているようだ。
が、どこに有害物質が潜んでいるか、庶民には全くわからない!

人の健康や命にかかわる食のチェックをすべき監督官庁は
いったい存在しているのだろうか?
内部告発まで全く発見できないのでは
もはや機能不全状態だといわねばなるまい。

これでは「社会保険庁」となんら変わらないと
国民に不信感がますますつのるばかり。
役人たちを信用出来ない社会現象!。

ところで
ミーとホープに話題が集中しているが
解禁された米国産食肉は、本当に大丈夫なのだろうか?
日本の農業を活性化して、国産増やさないと
大変なことになりそうな・・・・予感!。



自給自足生活しか、食の安全確保は出来そうにない!
てな訳で植えてみた <私のキュウちゃん!>
画像



これ自給のキュウ三郎 !
キュウ一郎は、
すくすく最初は育っていたが
冷房風に負けてダウン !
枯れてしまった。

キュウ二郎 は 
やはり 風ぎみで成長いまいち!

なかなかお腹を満たすに到ってない!

うーん!
自給もなかなか難しい・・・・。







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


イタリアの皿! デ・シモーネ

2007/06/27 14:53
これが倅(同然)夫妻から頂いた・・・・シチリアの銘皿!

栞が挟んであった。
それによれば、
この皿の作者はジョヴァンニ・デ・シモーネ 1930シチリア島パレルモ生まれ。
「陶芸学校でピカソに出会い共に学んだ」とある。



画像



1951年 画家・陶芸家のプロデビュー。
シチリアの伝統的暮らしを描き、南イタリアの民族美術の復興と発展に功績を挙げた。
料理研究家としても活躍した人物。・・・ともある。

見ての通り、全体にイタリア・・・してる。
料理を盛り付ける時、平らげた後、と、二度もこの絵に出合える楽しさがある。
それが何よりうれしい。
わざわざ現地に仕入れに行った店主の情熱も、食する度にスパイスとなって
味を高めてくれるに違いない。

私はこれを売っているショップを覗くのが好きだ。
覗くだけでイタリア気分を満喫できる。
大小さまざまなシチリア陶器や、手作りパスタが微笑んで迎えいれてくれる。
そのひとつひとつのに触れて、
味と食感など、様々に想像しながら時を過ごせるのも、この店の魅力なのだ。

この店に出合ったのは、この春の「夜桜見物」の日。
あの日誘ってくれた夫妻、この皿とパスタをプレゼントしてくれた夫妻にただ感謝! 感謝!

ショップ紹介。
中目黒駅から2分 東急ストアー傍「GIRASOLE」
イタリア語で「ひまわり」という意味らしい。
覗く価値ありです。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


父の日のプレゼント

2007/06/26 09:56
1週遅れの父の日プレゼントが イタリアのフェットチーネと南イタリアの陶器だった。



先週末、なんともいえない心に響く父の日のプレゼントをいただいた。
息子といっても本当の! ・・・・からではない。
同然の友が、夫妻でやってきては、
「1週遅れだけど、父の日のプレゼント!」と、
今気にいっている「フェットチーネ」の入った大きな袋を差し出した。
築地の最近行きだしたカウンター寿司の一角だった。

見れば、以前中目で気に入って買った「手作りフェットチーネ」
これが、なかなかおいしいのだ。
ホタテバターとホワイトクリーム味がよく絡み、心地いい歯ごたえの
パスタなのだ。
それに、盛り付けにぴったりの大小の皿!
これがまた、イタリア人ならでは絵付けで、パスタをより引き立てる
なかなかいい皿である。
何でも、あの美人店主がわざわざイタリアに出かけて自分の目で確かめ
仕入れてくる、こだわりの逸品なのだと、倅(同然)が目を輝かせて
説明してくれた。
裏には、作者の名まであるではないか!
(あいにく別場所でなのでアップロードできないが
近日中にこうかいしようとおもう!)

心遣いに胸が熱くなりおいしい筈の寿司が、のどを通らない。
しかし、わたしは幸せ者といわねばならない。
毎年毎年沢山のプレゼントとおいしい料理をご馳走になる。
こんな夜をすごせるのは幸せの極みである。

M&EM夫妻に
この場を借りて心より御礼をいいます!
<いつも、いつも、心遣いありがとう!>
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


  隅田川の散歩道

2007/06/20 14:46
隠れスポット
じりじり熱い日の夕暮れは河と潮の香り漂う墨田川の夕涼み。



聖路加タワー下から勝どき橋あたりの、隅田川際ぶらり散歩がお奨めだ。

夜ともなると若いカップルでにぎわう界隈だが
夕暮れ時に、邪魔しないように歩けば実に心地いい。
頬をやさしくなでて行く川風や、川面ををかき分けて走る客船の姿も一服の清涼剤だ。
画像














赤いレンガ造りの塀に沿って風にふかれるのもいい。
また、タワーの傍の森の小路を漫ろ歩めば、
そこかしこで紫陽花が微笑んでくれている。
紫色に路傍を彩るその姿のなんと優しいことか。
小雨の後などは、尚更にすばらしい。
濡れた瞳の少女のように輝いて、出迎えてくれる。

ネオンの川も捨てがたいが、
たまには、こんなひと時を過ごすのもいいものだ。

画像









記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


見上げてみよう! 雲模様に異変あり!

2007/06/16 19:04
数寄屋橋付近でみた異常な夕焼け

画像
銀座の夜を楽しもうと
友と数寄屋橋付近を散策した。

そこで目にしたのがこの夕景
写真にはないが下方は真っ黒、
その上がこの写真である。
日没前の空が異常な赤色に染まっていた。

そういえば昼も南東の空に
不気味な形のこれまで見たことのない雲が浮いていた。
みんなが立ち止まり写真に収めていたので
カメラ持っていなかった小生も
急いで用意し、その場にたち戻ったが
残念!風にかき消されたのであろう
既に不気味な雲は姿を消していた。


それにしても 近頃 変な模様の雲が多いね!
何もなければ・・・いいのだが。






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

スタジオおじさんの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる